ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

ハウスクリーニング開業のための極意 HOME » フランチャイズの仕組み早わかり!【ハズレ知らずのFC本部選び】 » フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズのメリット

起業経験なしでもすぐにできる

フランチャイズなら未経験の職種でも、比較的簡単に参入してオーナーになれます。通常は自分で店舗を持とうとなると、最初にその職種についての業務や経営の下積みが必要です。しかしフランチャイズなら、本部から経営のノウハウや職種に関する技術・知識の指導を受けられるため、事業経験が全くなくても経営者になれるのです。

また、仕入先や接客、販促方法などもすべてが用意されているので、自身でゼロから行わなくて済みます。開業後も定期的な勉強会やスーパーバイザーによる店舗訪問を行っているので、サポート体制も万全です。特に事業経験のない人は、開業後に様々な不安や疑問を抱えることが多いもの。そんな時、フランチャイズなら本部がすぐに対応してくれるため、不安や疑問の早期解決も可能です。

価格メリットによる競争力がある

フランチャイズに加盟していない場合、サービスにおける価格設定も自身で行う必要があります。他社と比較してキラリと輝くサービスがあるなら、少しくらい価格が高くても集客は見込めるかもしれませんが、そうでない場合は適正価格を調査するところから始めなければなりません。中には「他社より安ければ問題ないのでは?」と考える人もいますが、実は安すぎるサービスは仕事の数を減らしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

その点フランチャイズに加盟していれば、あらかじめ価格は決められていますので、適正価格の調査や設定に費やす時間や手間が省けます。適切な価格でサービスを提供できるため、集客や売上面での競争力も高いでしょう。

チェーンの知名度で集客できる

フランチャイズに加盟すれば、親会社が築いてきたブランド力を利用することが可能です。知名度の高いフランチャイズなら名前を聞いたり看板を見ただけで、「どんな商品を提供しているのか」や「どんなサービスを取り扱っているのか」を瞬時にイメージしてもらえます。

しかも、フランチャイズ本部はブランド力を維持・拡大していくため、オーナーの代わりに広告・宣伝・商品開発を行ってくれます。オーナーは集客活動をほとんどしなくても、安定した仕事を得られるのです。一方で加盟店は利用者にサービスを満足してもらえるよう、高い品質で商品やサービスを提供しなければなりません。これを徹底していれば、フランチャイズのブランド力はさらに上がり、オーナーはその恩恵を受けられます。

安定した原材料・資材の供給を受けられる

独立開業を始めたばかりの店舗は、経営を安定させるまでに時間がかかりやすいです。特に原材料や資材の供給ルートを早く確立できないと、商品やサービスをコンスタントに供給できなくなります。開業したてで経営ノウハウが不十分な会社は、課題にぶつかることが多く最初から好スタートを切れることはめったにありません。

その点フランチャイズに加盟すれば、原材料や資材の供給ルートは本部が用意してくれますし、職種によっては必要な物がすべて掲載されているカタログをもらえるので、「こんな時はどの材料を使えば良いのだろう?」と悩むこともありません。直営店を含む全店舗の商品・備品を仕入れているため、0の状態から仕入れ先を探すよりも、時間も価格も少なくて済みます。

少ない資本で開業できる

通常店舗を開業するには、建物や設備だけでも1,000万円以上の資金が必要になります。それ以外にも集客のためのチラシやHP、看板を作る費用などもかかります。その反面でフランチャイズは、開業にかかる費用の一部を本部が負担する支援を行っていることが多いです。これなら通常1,000万円以上かかる開業資金も、300~500万円程度と安く抑えられます。

また、ゼロから独自で開業する際、何の実績もない事業主は銀行からの融資が受けにくいです。一方でフランチャイズはブランド力と過去の加盟店の実績があり、信用が得られやすく、融資もスムーズに受けられるでしょう。このように、必要な資金を大幅に削減できるのも、フランチャイズに加盟するメリットと言えます。

フランチャイズのデメリット

ロイヤリティの支払いが必要

フランチャイズ加盟店は売上の良し悪しに関わらず、毎月本部へロイヤリティを支払う義務があります。ロイヤリティは、本部のブランド力やあらゆるサポートを受けるための「対価」として売上の一部を納める仕組みです。経営に関するノウハウを受け取っている以上、ロイヤリティの支払いは必要不可欠ですが、売り上げが芳しくない月は支払いが痛手に…。

ロイヤリティのシステムはフランチャイズによって様々で、利益の一部を支払うパターンと毎月定額を納めるパターンに分けられます。もちろんロイヤリティの額が高いほど、手元に残る金額は少なくなります。そのため、フランチャイズに加盟する対価として適当だと思えるロイヤリティの設定をしている親会社を選ばなければなりません。

本部に頼りっぱなしになり失敗する

フランチャイズに加盟すると、集客や仕入れなど経営にかかわるほとんどをサポートしてもらえるというメリットがあります。中にはクレーム対応まで行ってくれるところもあるため、オーナーは接客やサービスの提供に専念できます。しかし本部に頼りっぱなしになると、いつまで経っても接客やサービス提供以外のスキルが身に付かず、事業が失敗してしまう可能性があります。

基本的にフランチャイズ本部と各店舗の関係は「パートナー」です。本部は店舗が成長するためのノウハウやマニュアル、ルールは提示してくれても、実際に経営していくのはオーナーになります。そのため、オーナーにも自分で事業を拡大していくための工夫や覚悟が必要です。いくらサポート体制が整っていても、通常の起業と心構えは変わりません。

創意工夫がしにくい

個人経営の場合、オリジナルのメニューや商品を開発して、ライバル店との差別化を図れます。一方でフランチャイズ加盟店は、基本的にオリジナルのメニューや商品を独自に開発することができません。本部の定めるマニュアルに従わなければならないため、個人経営と比べると自由度は低め。また、店舗を移転させたり業態を変更することも、そう簡単にはできません。

もちろん、ブランドイメージごとの差はありますが、各店舗で違いを出すのは難しいです。「自分の好きなように店舗経営をしたい」と思っている人にとっては、フランチャイズは窮屈に感じるかもしれません。そのため、「どうしても自分で商品を開発したい」「他社にはないサービスを提供したい」という人は、個人経営が向いています。

ほかの店によるイメージダウンが自店にも影響する

フランチャイズ加盟店は、ほかの店舗によるイメージダウンが自分の店舗にも大きく影響します。例えばフランチャイズで飲食店を経営している場合、他店で食中毒や異物混入などのトラブルが発生すると、同じ名前を冠している店舗ではしばらくお客さんの入りが悪くなることも。利用者には、1つひとつの店舗が直営店なのかフランチャイズなのかを判断することは難しいもの。トラブルが発生したお店の名前しか認知していないので、たった1店舗の不祥事で加盟店全店が連帯責任のようにイメージダウンしてしまいます。

逆に加盟店の行ったプラスの行動も、ブランドイメージの向上に繋がります。残念ながらマイナスイメージよりも広まるスピードは遅いですが、プラスの行動を増やせばイメージの向上スピードも加速します。そのため、店舗によるイメージの影響は、一長一短と言えるでしょう。

フランチャイザーによって対応に差がある

独立開業を検討している人は、どの会社とフランチャイズ契約を結ぶかを決められます。ただ、検討材料は資料や説明会で、実際に契約を結んでからでないと具体的な内容などは確認できません。そのため、対応の良い・悪いは研修や開業後に分かってきます。

特にクレームなどのトラブルが発生し、オーナーだけでは手に負えない場合、本部がなかなかサポートしてくれないと複雑化してしまう可能性が高いです。ほかにも設備の故障や使用頻度の少ない機器の使い方などで、本部やスーパーバイザーに連絡することがあります。これらのトラブルはお客様に直接関わる可能性があるもの。そのため、素早い対応をしてくれるフランチャイザーを選ばなければなりません。

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすいFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
しっかりとサポートを受けられるFC本部をチェック!
短期間開業
で選ぶ
短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見!

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.