ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

ハウスクリーニング開業のための極意 HOME » ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意 » これからのハウスクリーニング市場は安定?衰退?

これからのハウスクリーニング市場は安定?衰退?

ハウスクリーニング市場の現在の市場

年々増加傾向にある高齢者世帯や女性の共働き世帯により、家の清掃や時間の確保が困難になりつつあります。そのためハウスクリーニング業界の需要は高まり、現在では全国に約8,200の事業所が存在している状態です。また市場規模は約900億円以上とも言われており、今後どんどんと市場拡大が見込まれます。

ハウスクリーニングは、在宅一般家庭や不動産物件を対象とした清掃業務を行う事業です。開業にあたり特別な許認可や届出は不要で、特別大規模な機器も必要としません。施設や設備への初期投資も少なく、新規開業がしやすい傾向にあります。そのためハウスクリーニング業は、中小企業が多く参入している業界でもあります。

一方料金体系やサービス内容は業者によって様々で、利用者側は業者を選択する際の判断基準が少ないことが問題となっています。また専門的な技術を持たずに新規参入した。サービスの質やスキルの低い事業者がいることも否めません。

このことから利用者が安心してハウスクリーニングを依頼できるよう、プロのスキルを持ったスタッフの確保などが課題となっています。

1兆5,000億円まで広がる見込み

現在のハウスクリーニング市場規模は約900億円ですが、今後さらに需要が高まり、将来的には市場規模が1兆5000億円にまで上がると言われています。そのため今からハウスクリーニング事業を始めようと思っている人も、仕事先に困らない市場です。

ハウスクリーニングの需要の向上は、高齢者世帯や共働き世帯の増加によるものなので、景気の悪さに左右されません。これからも確実に需要が高まる業種と言えるのです。

また特殊な仕事ではありませんので、どんな人でもお客様になり得る可能性があります。ハウスクリーニング業が始まった当初は需要に不安を抱く人も多かったですが、現在は認知度も十分あるでしょう。

ただ年々増加している需要に対し、良い人材が不足していることが懸念されています。実際にハウスクリーニング業は一般住宅の清掃だけでなく、建物自体や設備、備品に至るすべての物品を取り扱う仕事です。そのため清掃に特化している事業者は少なく、水漏れ修理や網戸の張替、リフォームにいたるまで、あらゆる仕事内容を任されます。

一般的な清掃業務であれば専門的な知識はほとんど必要ありませんが、エアコンクリーニングや空室クリーニングなどには専門のスキルが求められるでしょう。そのためこれからのハウスクリーニング業界では、ある程度マルチな知識や技術を持った人材の確保が重要となってきます。

参入しても十分母数がある業界

今度ますます高齢化は進み、共働き世帯も増えていくでしょう。そのためハウスクリーニング業界は、活躍の場が増えていきます。

2025年には4人に1人が高齢者という時代になるため、国や自治体のフォローだけでは手が回らなくなる可能性が指摘されています。もちろん介護保険内のサービスはありますが、庭の草むしりや部屋の片付け、バリアフリーリフォームなどは全てハウスクリーニングに関係している仕事です。

今後ますます高齢化していく社会をうけて日本ハウスクリーニング協会もその対策に力を入れていますが、ハウスクリーニングスクール修了者やFC加盟店も地域で活躍し、社会に貢献していく必要があるでしょう。

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすいFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
しっかりとサポートを受けられるFC本部をチェック!
短期間開業
で選ぶ
短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見!

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.