ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

ハウスクリーニング開業のための極意 HOME » ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意 » これからのハウスクリーニング市場は安定?衰退?

これからのハウスクリーニング市場は安定?衰退?

ハウスクリーニング市場の現在の市場

年々増加傾向にある高齢者世帯や女性の共働き世帯により、家の清掃や時間の確保が困難になりつつあります。そのためハウスクリーニング業界の需要は高まり、現在では全国に約8,200の事業所が存在している状態です。また市場規模は約900億円以上とも言われており、今後どんどんと市場拡大が見込まれます。

ハウスクリーニングは、在宅一般家庭や不動産物件を対象とした清掃業務を行う事業です。開業にあたり特別な許認可や届出は不要で、特別大規模な機器も必要としません。施設や設備への初期投資も少なく、新規開業がしやすい傾向にあります。そのためハウスクリーニング業は、中小企業が多く参入している業界でもあります。

一方料金体系やサービス内容は業者によって様々で、利用者側は業者を選択する際の判断基準が少ないことが問題となっています。また専門的な技術を持たずに新規参入した。サービスの質やスキルの低い事業者がいることも否めません。

このことから利用者が安心してハウスクリーニングを依頼できるよう、プロのスキルを持ったスタッフの確保などが課題となっています。

1兆5,000億円まで広がる見込み

現在のハウスクリーニング市場規模は約900億円ですが、今後さらに需要が高まり、将来的には市場規模が1兆5000億円にまで上がると言われています。そのため今からハウスクリーニング事業を始めようと思っている人も、仕事先に困らない市場です。

ハウスクリーニングの需要の向上は、高齢者世帯や共働き世帯の増加によるものなので、景気の悪さに左右されません。これからも確実に需要が高まる業種と言えるのです。

また特殊な仕事ではありませんので、どんな人でもお客様になり得る可能性があります。ハウスクリーニング業が始まった当初は需要に不安を抱く人も多かったですが、現在は認知度も十分あるでしょう。

ただ年々増加している需要に対し、良い人材が不足していることが懸念されています。実際にハウスクリーニング業は一般住宅の清掃だけでなく、建物自体や設備、備品に至るすべての物品を取り扱う仕事です。そのため清掃に特化している事業者は少なく、水漏れ修理や網戸の張替、リフォームにいたるまで、あらゆる仕事内容を任されます。

一般的な清掃業務であれば専門的な知識はほとんど必要ありませんが、エアコンクリーニングや空室クリーニングなどには専門のスキルが求められるでしょう。そのためこれからのハウスクリーニング業界では、ある程度マルチな知識や技術を持った人材の確保が重要となってきます。

参入しても十分母数がある業界

今度ますます高齢化は進み、共働き世帯も増えていくでしょう。そのためハウスクリーニング業界は、活躍の場が増えていきます。

2025年には4人に1人が高齢者という時代になるため、国や自治体のフォローだけでは手が回らなくなる可能性が指摘されています。もちろん介護保険内のサービスはありますが、庭の草むしりや部屋の片付け、バリアフリーリフォームなどは全てハウスクリーニングに関係している仕事です。

今後ますます高齢化していく社会をうけて日本ハウスクリーニング協会もその対策に力を入れていますが、ハウスクリーニングスクール修了者やFC加盟店も地域で活躍し、社会に貢献していく必要があるでしょう。

まだまだある!需要拡大の可能性

使い方の変化

晩婚化・未婚化が進行して核家族や単身者が増えている現在、掃除する時間がとれずに悩んでいる方も増加中です。

核家族の主婦は、日本人の平均年収が減少していることもあり、生活費を稼ぐために専業ではなく兼業を選択する方が多いです。単身者の場合は、生活費を得るためにみずから働きに出ているので、必然的に家にいる時間が短くなってしまいます。

キレイな家の状態を保つには、働いている中でも掃除する時間を作らなくてはいけません。

そこで、ハウスクリーニングの登場です。依頼することで、自分で掃除をしなくても家の清潔感を保てるので、核家族や単身者の利用者が増えています。

ほかには、部分的なハウスクリーニングの需要も高まってきています。日常の掃除は自分で行って、キレイにするのに時間が掛かりそうな箇所をプロにお任せするケースです。依頼者側は、全部を依頼するよりも費用が安く済んだりプライベートの時間を確保しやすくなったりするメリットがあります。

アレルギー対策

アレルギーの原因は、食べ物や花粉、ダニ、ほこりなどさまざまです。その中でも、やっかいなものとして、ハウスダストがよく取り上げられています。

ハウスダストとは、1mm以下の肉眼で確認するのが困難なほこりです。その中には、繊維くずやダニの死がいやフン、花粉、カビ、ペットの毛などが含まれています。

ハウスダストは空気中に舞いやすいので、呼吸をしたときには簡単に体内に入ってしまう恐れがあります。吸い込むとアレルギー症状やぜんそくを引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

最近では、以前よりもアレルギー鼻炎にかかる子どもが増えています。理由のひとつとして、家の環境によっては1年中吸い込み続けてしまう恐れがあるハウスダストの影響が考えられています。

なので、子どもがいる家庭では、ハウスダストが舞わないように丁寧に掃除をすることに意識を向ける方が多くなってきています。とはいえ、実行するには、時間に余裕がないとなかなか難しい話です。

このような状況で、ハウスクリーニングの出番があります。掃除の専門家として、依頼者の家に溜まっているハウスダスト・カビなどのアレルギーの原因となる物質を取り除きます。

民泊の増加

以前と比べると、海外から訪れる観光客が大幅に増加しました。

日本政府観光局のデータによると、2003年に521万人だった観光客は、2018年には3,119万人と約6倍になっています。

そして、2020年には、東京オリンピックも控えているので、外国人観光客のさらなる増加は間違いないでしょう。

しかし、今あるホテルや旅館だけだと、宿泊施設が不足気味だと言われています。外国人観光客で高まる需要に対して宿泊施設が足りない今、民泊市場は大きなビジネスチャンスと捉えられています。実際に民泊に参入する方が、ここ最近は増加中です。

民泊を行うと、運営やゲスト対応などの業務が色々とあるので、掃除までを完ぺきにこなすのはなかなか大変です。そんなときに、掃除を代行してもらうパートナーとして、ハススクリーニングが選ばれます。

自宅の売却

高齢化社会の影響で、両親から家を譲り受ける機会のある方が増えています。その家に住まずに売却を選択した場合に、ハウスクリーニングを利用するケースがあります。

自宅の掃除をしていない状態でも、もちろん売却の依頼はできます。しかし、高値かつ少しでも早く売れてほしいときには、掃除をした方が得策です。

まず、汚れている箇所があると、買い手から値引き交渉の材料に使われてしまうのは言うまでもありません。そして、内覧時に悪い印象を与えてしまうと、なかなか買い手が見つからなかったり、売れ残り続けたりしてしまうかもしれません。

なので、自宅を売却するときには掃除をした方がいいのですが、家全体となると広範囲なので、隅々まできれいにするのは大変な労力です。そこで、ハウスクリーニングが出てきます。

もちろん、ハウスクリーニングの費用が回収できる効果があると判断されることが前提です。この条件を満たしている場合は、自宅の売却を検討している方からハウスクリーニングの依頼がくることでしょう。

自然災害

日本では、地震や台風などの自然災害が年々増加している傾向にあります。これらが増えている理由は定かではありませんが、誰もが突然その影響を受ける可能性は十分にあります。ここ最近では、台風19号の猛威によって、多くの人々が甚大な被害を受けたのが記憶に新しいです。

たとえば、強い台風の通過後は、家の周りやベランダが泥やごみなどで散らかっていたり、窓ガラスが割れたりして、掃除が必要となる場合があります。洪水の影響で住宅の床まで浸水してしまったときは、排水や乾燥、消毒などの大掛かりな対処が必要です。

自然災害で受けたダメージが大きい場合は、家をもとの状態に戻すまでが大変です。被害に合った方は、こんなとき思わず誰かの手を借りたくなるでしょう。ハウスクリーニングとしてさまざまな掃除に対応できると、被害にあった方の依頼を引き受けて役立つことができます。

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすいFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
しっかりとサポートを受けられるFC本部をチェック!
短期間開業
で選ぶ
短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見!

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.