ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

HOME » ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意 » 開業資金×ロイヤリティ 口コミ相場

開業資金×ロイヤリティ 口コミ相場

開業に必要なお金の予備知識

ハウスクリーニングを独立開業するために必要なお金の知識について、具体例を挙げながら説明していきましょう。

フランチャイズ加盟によってハウスクリーニングを開業するには、様々な費用が必要です。

まず開業に必要な費用を追って、さらにわかりやすいように、実際の収入例も挙げてみます。

開業資金

ハウスクリーニング開業にかかる資金の内訳は、以下の6つです。

加盟金

フランチャイズでハウスクリーニングを開業する場合は、フランチャイザー(フランチャイズ本部)に加盟金を支払います。この加盟金とは、本部が今までに培ってきたノウハウを活用するために支払うのです。金額は本部によって異なりますが、最低でも100万円程度を用意しましょう。加盟金が0円だったり、分割して支払ったりする本部もありますので、よく確認してくださいね。

研修費

ハウスクリーニングを開業する前に、オーナーや従業員が研修を受けるための費用です。また、加盟店によっては、加盟金に研修費が含まれている場合がありますが、約30~100万円が相場になります。清掃道具の扱いや掃除の技術、営業や運営に関するノウハウを、約1週間の期間本部で習います。

保証金

保証金は、金銭支払い義務の履行の担保として支払います。主に、ロイヤリティの支払いや商品の仕入れ代金の担保として支払う費用です。契約終了の際に保証金は返還されますが、本部によっては返還される額が変わる可能性があるので、前もって確認するようにしましょう。

店舗費用

開業するためには、店舗を用意する必要があります。ですが、フランチャイズ加盟をしても、土地や店舗を用意しなくても大丈夫なフランチャイズ加盟店もあるのです。なぜなら、自宅の一部を改装して、そこを店舗にして開業しても問題ないからです。そのため、店舗費用を0円に抑えることができます。

内外装工事費

物件を賃貸するか自宅を利用する際は、そのままでは店舗として開業することはできないです。そのため、ハウスクリーニングとして開業できるように、内外装工事を行います。他にも、事務所に必要な机や椅子などの備品の用意も必要です。

掃除道具の費用

ハウスクリーニングとして営業するためにも、商売道具である掃除道具を揃えないといけません。

本部から、用意する掃除道具の指示があれば、余分なものを買わずに必要最低限の道具だけ揃えればいいため、無駄なものを購入しないようにできます。また、本部の中には、掃除道具一式をレンタルできるところもあり、費用を抑えることが可能です。

上記のような開業資金は、加盟する本部によって異なります。開業資金の相場は120~300万円となっているので、スムーズに開業するためにも、このくらいの金額を用意してください。それ以外に、フランチャイズ本部のサイトから、加盟金や研修費などの費用について調べておくことも重要です。

フランチャイジーの声

独立開業した際のハウスクリーニングの開業資金

フランチャイズ加盟せずに、独立開業した場合の開業資金は、次の3つの費用が必要です。

店舗費用・車両費

フランチャイズと同じように、店舗費用は必要です。ですが、自宅を利用すれば費用は0円で、内外装工事費を用意するだけで十分です。

お客様の元に訪れるための、車両も用意しないといけません。自分の所有している車を使用するか、安い軽トラックを購入して使いましょう。フランチャイズの場合は、専用の車を購入しないといけない場合があるので、開業資金が高くなる可能性があります。

掃除用具の費用

個人でハウスクリーニングを開業する場合、掃除用具を買い過ぎてしまうことが多いです。これは、どのような道具を揃えればいいのか分からず、多くの洗剤や道具を集めてしまうことが原因です。

また、自分のハウスクリーニング店が、どのような掃除を行うのか、どのようにお客様の要望に応えるのか、によって揃えるものが異なります。

広告宣伝費

フランチャイズ加盟で開業すれば、広告宣伝費は安く済みます。ですが、独立開業では、多大な広告宣伝費が必要になります。その理由は、開業したばかりのハウスクリーニングは、知名度が低いからです。多くの人に認知してもらうためには、地域を絞ったり、狙うお客様を明確にしたりして、効果的な宣伝をしないといけません。

独立開業した場合、大手企業のハウスクリーニングと比較されると、信頼感が低いと判断される恐れがあります。そのため、宣伝する内容にもこだわらないといけないので、広告宣伝にかかる費用は高くなる可能性があります。

開業資金が高くてもフランチャイズ加盟が安心!

独立開業した場合、加盟金や研修費、保証金などは必要ないので開業資金は安くなります。ですが、個人だと自分で掃除道具を集めたり、経営をすべて自分だけで行ったりしないといけません。

また、多くの人に認知してもらうためにも、宣伝を行い、掃除の質を高めてリピーターを増やすことが重要です。これらを知識や経験が少ない人が行うのは、不可能に近いです。

フランチャイズ加盟ならば、開業資金は高くなります。ですが、本部が今までに培ってきた掃除に関する技術や、経営に関するノウハウを学ぶことができるでしょう。

また、開業後も本部からのサポートがあるため、初めての人でも安心して営業できるはずです。将来のためにも、開業資金を節約するだけでなく、フランチャイズ加盟することを考えておくべきです。

実際の収入モデル

1人で開業した人の場合

総利益:927,000円(売上高976,000円-材料消耗品費:49,000円)

営業利益:725,500円(総利益927,000円-人件費:65,000円-販売管理費:136,500円)

※人件費には応援依頼費用含む

※販売管理費には、ロイヤリティ、広告分担金、車両費、通信費、広告宣伝費含む)

夫婦で開業した人の場合

総利益:1,465,000円(売上高1,542,000円-材料消耗費77,000円)

営業利益:1,142,500円(総利益1,465,000円-人件費91,000円-販売管理費231,500円)

※人件費には応援依頼費用含む

※販売管理費には、ロイヤリティ、広告分担金、車両費、通信費、広告宣伝費含む)

ロイヤリティとはなにか

ロイヤリティは、毎月FC本部に支払うお金です。いわゆる上納金のようなものと考えるといいでしょう。正式には、FCのブランドやノウハウを使用するための権利料といえます。

ロイヤリティにはいくつかの種類があるので解説します。

定額方式

毎月決まった金額を収める方法です。売上に左右されないので、売上が伸びると収入も増えますが、逆に売上が少ない場合には負担になることもあります。金額はFC本部によって異なりますが、30,000~50,000円が相場です。

歩合方式

売上から決められたパーセント分を支払う方式です。売上が伸びると支払う金額も大きくなりますが、中には売上高が大きくなると頭打ちにするところも。ハウスクリーニングのFCでは、3~8パーセント程度というところが多いようです。

粗利分配方式

売上高から原価を引いた総利益に相当するロイヤリティを支払う方法。ハウスクリーニングのFCでは採用されているところは少ないようです。

中にはロイヤリティは不要で会費制とするところや、固定月額に加えて歩合の支払いが必要な本部もあります。

お金の流れには注意が必要

加盟金や研修費用などの初期費用が安く抑えられることを大きく明示しているところが多くありますが、実は最も気を付けなければいけないのは、初期投資よりも開業してからのお金の回り方です。

利益に対してかかるロイヤリティが毎月重くのしかかってくるケースもあり、軌道に乗るまでは油断できないのが現状です。この時点で廃業を余儀なくされる人も少なくありません。また、洗剤や機材などの資機材費用や人件費なども必要になってきます。

したがって、開業を目指すならきちんとしたプランを立てたうえで検討するのが賢明です。

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすい!開業費用とロイヤリティの額が最も低く抑えられるFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
サポート・研修・短期開業と3拍子揃ったFC本部。本部と加盟店のパイプがしっかりしています。
短期間開業
で選ぶ
最短なのにマンツーマンの充実研修のFC本部。短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見です。

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.