ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

HOME » ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意 » 開業資金×ロイヤリティ 口コミ相場

開業資金×ロイヤリティ 口コミ相場

開業に必要なお金の予備知識

ハウスクリーニングを独立開業するために必要なお金の知識について、具体例を挙げながら説明していきましょう。

フランチャイズ加盟によってハウスクリーニングを開業するには、様々な費用が必要です。

まず開業に必要な費用を追って、さらにわかりやすいように、実際の収入例も挙げてみます。

開業資金

開業資金の内訳は、主に以下の5つ。

このような初期費用はFC本部で設定が異なりますが、1,200,000~3,000,000円くらいと幅があり、加盟金や研修費用で大きな差があるようです。中には加盟金0を謳っているところもあります。

フランチャイジーの声

実際の収入モデル

1人で開業した人の場合

総利益:927,000円(売上高976,000円-材料消耗品費:49,000円)

営業利益:725,500円(総利益927,000円-人件費:65,000円-販売管理費:136,500円)

※人件費には応援依頼費用含む

※販売管理費には、ロイヤリティ、広告分担金、車両費、通信費、広告宣伝費含む)

夫婦で開業した人の場合

総利益:1,465,000円(売上高1,542,000円-材料消耗費77,000円)

営業利益:1,142,500円(総利益1,465,000円-人件費91,000円-販売管理費231,500円)

※人件費には応援依頼費用含む

※販売管理費には、ロイヤリティ、広告分担金、車両費、通信費、広告宣伝費含む)

ロイヤリティとはなにか

ロイヤリティは、毎月FC本部に支払うお金です。いわゆる上納金のようなものと考えるといいでしょう。正式には、FCのブランドやノウハウを使用するための権利料といえます。

ロイヤリティにはいくつかの種類があるので解説します。

定額方式

毎月決まった金額を収める方法です。売上に左右されないので、売上が伸びると収入も増えますが、逆に売上が少ない場合には負担になることもあります。金額はFC本部によって異なりますが、30,000~50,000円が相場です。

歩合方式

売上から決められたパーセント分を支払う方式です。売上が伸びると支払う金額も大きくなりますが、中には売上高が大きくなると頭打ちにするところも。ハウスクリーニングのFCでは、3~8パーセント程度というところが多いようです。

粗利分配方式

売上高から原価を引いた総利益に相当するロイヤリティを支払う方法。ハウスクリーニングのFCでは採用されているところは少ないようです。

中にはロイヤリティは不要で会費制とするところや、固定月額に加えて歩合の支払いが必要な本部もあります。

お金の流れには注意が必要

加盟金や研修費用などの初期費用が安く抑えられることを大きく明示しているところが多くありますが、実は最も気を付けなければいけないのは、初期投資よりも開業してからのお金の回り方です。

利益に対してかかるロイヤリティが毎月重くのしかかってくるケースもあり、軌道に乗るまでは油断できないのが現状です。この時点で廃業を余儀なくされる人も少なくありません。また、洗剤や機材などの資機材費用や人件費なども必要になってきます。

したがって、開業を目指すならきちんとしたプランを立てたうえで検討するのが賢明です。

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすい!開業費用とロイヤリティの額が最も低く抑えられるFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
サポート・研修・短期開業と3拍子揃ったFC本部。本部と加盟店のパイプがしっかりしています。
短期間開業
で選ぶ
最短なのにマンツーマンの充実研修のFC本部。短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見です。

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.