ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

HOME » ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意

ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意

このカテゴリでは、ハウスクリーニングのフランチャイズで開業を考えている人に、ぜひ知っておいてほしい情報を余すところなく紹介しています。

ここで説明する内容を肝に銘じてフランチャイズ本部を探せば、失敗を最大限回避することができるでしょう。

ハウスクリーニングの開業を考えるなら

フランチャイズに加盟すると、「努力しなくても成功できそう」と勘違いをしてしまうことも少なくありません。

しかし、現実はそうではないことをきちんと直視することが大切。

そこで、独立開業を目指している人が、後で後悔しないための極意を紹介します。

ビギナーズ必見のフランチャイズ成功の極意はこれです!

安いだけではキケン!

「低資金」という言葉にあおられないでください。確かに低資金で開業できるフランチャイズもありますが、どこまでのサポートを得られるかは本部によって違います。また、初期費用は貯金で補うことができたとしても、そこから先のロイヤリティになると話しは別です。

売り上げに応じて支払うことになるのか。材料費や広告費でいくらの経費が必要になるか。冷静に計算してみると、初期費用以外に多くの資金が求められる場合もあるでしょう。そのため加盟する前は、候補にしている本部を比較して仕組みを理解しておくことが大切です。

低資金の危険性をチェック

開業資金×ロイヤリティ 口コミ相場

開業するためにはどんな費用が必要になるのか。その具体的な内訳を紹介しています。いざ独立すると決断しても、そこには先行投資が伴います。なるべく費用を抑えたい。細かいサポートが欲しい。人によってそれぞれフランチャイズに望む対応は違いますが、最初から知っていれば慌てなくても済みます。

ここでは実際の収入モデルを説明しているので、自分に置き換えて考えてみましょう。開業前と開業後の収入・開業した人の声・ロイヤリティの概要についても明らかにしているため、これから独立を意識している人は目をとおしてください。

開業資金とロイヤリティの相場をチェック

先人に学べ!ハウスクリーニングFC開業の失敗例×対策

フランチャイズで成功するには、まず「これをやったら失敗する」という前例を学んでおかなければなりません。そうしなければ自分も同じところでつまづいて、失敗するパターンにハマってしまいます。何が原因でお客さんが増えなかったのか。どんな理由で依頼が途切れたのか。しっかり頭に入れておくことで、独立成功への道が開けてくるでしょう。

ここでは、一度開業して失敗した人の例を挙げています。フランチャイズ経営の実態や失敗した理由、課題に対する乗り越え方などを解説しているため、参考にしてください。

ハウスクリーニングFC開業の失敗例と対策をチェック

もう一度始める人のハウスクリーニング開業・成功コラム

一度失敗している人が再チャレンジするためには、自分に合ったフランチャイズ本部を選ぶだけでかまいません。必要経費や融資制度などの予備知識。自己負担額はどのくらいあれば運営できるのか。失敗した経験があるからこそ、成功につなげるための手段さえ間違えなければ良いのです。

周囲と同じであることが、自分の生活にマッチングしているとは限りません。本部との経営方針の違いや環境の変化、思っていた現実とは違う結果を突きつけられた人もいるでしょう。成功を目指す参考例として、初期費用の低い5社をピックアップしてみました。

もう一度始める人の成功コラムをチェック

サポート&アフターフォローがなぜ重要か?

どこまで開業を支援してもらえるのか。勉強会や研修を受けることはできるのか。まったくのビギナーから独立開業を志している人へ、フランチャイズに加盟してサポートしてもらえる範囲を解説しました。本部によっては違う部分もありますが、整った体制は大きな安心材料になります。

独立開業は一人でも可能ですが、業務のすべてを自分だけで完璧にこなせる人はいません。どんなに技術を磨いても宣伝できなければ、お客さんに知ってもらうことはできないのです。ここでは充実したサポート対応で知られる5社を紹介しているので、加盟する際の基準に検討してみてください。

サポート&アフターフォローをチェック

フランチャイズ開業トラブルは事例の事前把握と弁護士相談で回避

聞いていた話しとは違う。こんなはずではなかった…。本部とそんなトラブルに発展するケースは、お互いの認識にズレがあるからです。本部側は説明していたつもりでも、加盟する側には伝わっていなかった。ロイヤリティに関する誤解など、契約したあとで問題が浮上してくることを防ぐためには、トラブルに対する事前の情報が重要になってきます。

また、本部による不法行為・情報提供義務違反・指導援助義務の不履行・商圏保護義務違反など、弁護士に相談すれば法的な措置をとることもできます。どんなケースであれば法に触れるのか。その内容も挙げています。

フランチャイズで開業するなら「競業避止義務」を知っておこう!

競業避止義務とは、「在職中に同業他社でアルバイト」「退職後に競合企業への転職」を禁止することです。

職業選択の自由を奪われているように感じるかもしれませんが、就業している間に知り得た情報は、企業にとって会社を運営する上で重要な役割を果たしています。それを他社へ流されてしまうと、積み上げてきたノウハウや技術を相手に提供することになります。それを避けるために登場したのが競業避止義務で、フランチャイズ契約においてどんな扱いになっているのか説明しています。知らなかったでは済まされないので、開業前に必ずチェックしておきましょう。

ハウスクリーニング開業でリピーターを増やすポイントは挨拶や清潔感

お客と信頼関係を築きリピーターになってもらおう

ハウスクリーニングに限らず、自分自身で開業をした後にまず直面する問題が「集客」です。フランチャイズ本部のブランド力を借りているとはいえ、何の努力もせずに固定客がつくほど甘い世界ではありません。優れたお掃除技術を持っていたとしても、実際にその技術を発揮するまでは顧客からの正式な信用を買うことができないのです。

一から信用を築いて行くことは誰にとっても簡単ではないため、初めはリピーター層を作るところから始めるのも良い手段でしょう。ハウスクリーニングを依頼すると当然家の中に業者を入れることになるので、お客からしてみれば信頼のできる業者にしか任せたくありません。

しかしそれは見方を変えてみると、一度確かな信用を得られさえすれば、お客のリピート行動に繋がりやすくなるとも考えられるのです。 お客の数を増やすことも大切ではありますが、まずは狭い範囲で信頼関係を結べる固定客を堅実に維持し、そこから仕事の範囲を徐々に広げて行くことが成功の秘訣となります。

リピーターを増やすには技術だけでなく人柄も重要

リピーターがなぜ何度も同じ店の同じサービスを利用してくれるかというと、その店が提供してくれる商品に納得して満足してくれているためです。ハウスクリーニングの場合でいう「商品」とは、当然ながら「掃除技術」というサービスになります。お客は綺麗になった部屋を見て「次にハウスクリーニングを頼むなら、またここにお願いしよう」と思うものですが、お客に好印象を与えるのは掃除技術だけとは限りません。

業者を家に上げて普段は他人に見せないような部分まで見せることになるため、客にとって大切なのは「ハウスクリーニングにきてくれた作業スタッフの人柄や雰囲気」です。

たとえどれだけ優れた掃除の技術を持って家の中を余すことなくピカピカにしてもらえたとしても、掃除をしにきた仕事人に愛想がなく横柄な態度であれば二度と利用してもらえない可能性の方が高くなるでしょう。

人が行うサービスである以上、顧客は相手を「掃除のプロ」とみなしていると同時に、人となりを無意識のうちにチェックしているものなのです。

女性客の心を掴んでリピーターを増やそう

ハウスクリーニングを利用する年齢層は若い人から年配の人まで幅広く、お客の数も一定数を維持しながら増えています。働いているため家事にまで手の回らない若い女性や、身体的に部屋の隅々まで満遍なく掃除するのは難しい高齢の女性など、ハウスクリーニングを頼む背景はさまざまです。 そのためハウスクリーニングの利用者に年齢的な傾向はみられません。ところが性別ごとにみた場合は、女性の利用者の方が多い傾向にあります。

女性客の口コミで集客率アップ!

客層に女性が多い業種の場合、集客の上でとても重要となる要素が「口コミ」です。女性は自分が得たものや情報を他者と共有しようとする意識が強いものです。自らが利用して良かったと思ったハウスクリーニングがあれば、「このハウスクリーニング店に頼めば綺麗にしてもらえる!」といった高評価を周囲の人々に広めてくれる場合も多いのです。

リピーターが増えれば増えるだけ良い口コミも広がりやすくなり、自然と集客率が高まっていく…という流れを作りやすくなります。

挨拶や態度、身だしなみにも気をつけて

ところがその反対に、何か少しでも良くない点があれば悪評が広まりやすくなる、というデメリットもあるため注意は必要です。言葉遣いや態度から始まり、どれだけ丁寧な対応をしてくれるのかなど、女性は作業スタッフの細かいところまで余すことなくチェックしています。

口コミが広がる際にはスタッフの挨拶や清潔感なども評価対象として含めているため、お客の家に訪問する際には十分に心得ておかなければなりません。

掃除屋であるからと言って不潔な状態で家の中に上がられては、お客としても大層不快に感じます。挨拶は笑顔で丁寧に、身だしなみは常にきちんとすることが、リピーターを増やすための第一歩となるのです。

養生作業なども丁寧に行って好印象を与えよう

ハウスクリーニングの主体は当然ながらお掃除ですが、技術と同時に人から信頼を得られる接客技術や丁寧な対応が欠かせない業種でもあります。 掃除を始める前にはどこをどのように綺麗にしていくのか、細かく説明しておけばお客の不安を取り除くことができます。ただ綺麗にするだけではなく、エアコンクリーニングのように汚れが飛び散りやすい作業をする場合には、家具や壁などの養生作業から丁寧に行うことも大切です。

女性客は特に、業者の細かい対応を厳しい目で見ています。依頼された箇所だけを綺麗にすれば良い…という態度を持っていればすぐに見抜かれ、二度と利用しないと判断されかねません。

技術面以上に親切丁寧であることは重視される場合が多いため、依頼主の立場に立った仕事をすることが大切です。

フランチャイズの独立・開業で成功を収めるための極意

独立・起業で成功するための要件

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすい!開業費用とロイヤリティの額が最も低く抑えられるFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
サポート・研修・短期開業と3拍子揃ったFC本部。本部と加盟店のパイプがしっかりしています。
短期間開業
で選ぶ
最短なのにマンツーマンの充実研修のFC本部。短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見です。

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.