ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

HOME » ハウスクリーニングのフランチャイズ キホンのキ » 本当に儲かる?ハウスクリーニングFCが人気なワケ

本当に儲かる?ハウスクリーニングFCが人気なワケ

需要が高まるハウスクリーニング業界

ハウスクリーニングは、フランチャイジーにとって人気が高く注目されている業種です。

なぜ、たくさんのフランチャイズ業界の中でハウスクリーニングの人気が高いのでしょう。実はそこには、現代社会の世相が関係しています。

今、世の中は核家族化が進み少子高齢化の一途をたどっています。

そうすると、家庭で掃除をする手が足りなかったり、掃除に当てる時間よりも趣味など他の時間を優先したり、あるいは高齢者では掃除が行き届かなくなったり、場合によっては怪我などのリスクを負うことにもなりかねません。

また、共働きが増えて女性は社会進出すると、家庭の掃除まで手が回らないという現実がやってきます。

そこで、家の清掃を専門として行うビジネスが生まれました。これからさらにハウスクリーニングの需要は伸びると予想されています。

まずはその理由について挙げていきたいと思います。

家事を行える人が不在「高齢化・核家族化の進行」

ハウスクリーニングの需要が多い世帯として、「高齢者世帯」「共働き世帯」「単身世帯」の3つが挙げられます。その中でも特にニーズが高まっているのが、高齢者世帯や男性30代~40代の単身世帯だといいます。

この背景には日本が高齢化社会であること、核家族化が進んでいることが理由と考えられます。 

高齢化社会と核家族化が同時に進んでいる日本は、現在どのような状況になっているか想像してみてください。「65歳以上の人口の割合が総人口に対して多く、その高齢者の子どもが未婚である家庭が増加している」といった状況なのです。

高齢者は、自ら家の掃除をこなすことについて体力的に厳しさを感じています。未婚の子どもは、両親と同居している場合も一人住まいである場合にも、働きに出ているケースが大多数で、いずれも掃除を行う時間がないのが現状です。

こうした場合に家族の中で掃除を行える人が不在になり、ハウスクリーニング業者を頼らざるを得なくなるのです。

日本は今後も少子高齢化の状態が進むと考えられており、「超高齢社会」の時代において、さらなるニーズの高まりは必至といえます。

参照元:朝日大学マーケティング研究所「家事代行に関するマーケティングデータ〜ハウスクリーニング編〜」

女性の社会進出による「共働き家庭の増加」

近年、ハウスクリーニングのニーズが増加している世帯のひとつが「共働き世帯」だといいます。

共働き世帯が増加していることに関しては、女性の社会進出が筆頭の理由として挙げられます。女性が結婚しても仕事を続けることが当たり前の社会となってきた背景には、働くことへの意欲の高まりや周囲の理解が得やすくなったことなどが考えられます。

また、それ以外に各家庭では老後の不安を抱える傾向にあることも関係しているといえます。超高齢社会が進むにつれ、とくに30〜40代の働き盛りの世代では社会保障制度に対する不安を抱えている人が多く、老後の生活資金のための貯蓄をしている家庭もますます増えているようです。

そんな背景の中、共働き世帯では平日帰宅後の時間の多くを家事に充てることは困難でしょう。やらなければならない家事は掃除だけでなく、炊事や洗濯、買い物など山積みですよね。子どもがいる家庭であれば、休日は家族で過ごす時間に充てたいと考える方がほとんどでしょう。 

こうした共働き世帯の夫婦が仕事と家事、育児を両立させていくための方法として、ハウスクリーニング業者への依頼が増えているのです。

参照元:みずほ銀行総合研究所「共働き世世帯の造花と消費への影響」

    NPO法人日本ハウスクリーニング協会

健康が幸福に繋がる価値観から「健康志向の高まり」

ハウスクリーニングの需要が伸びると想定される理由には、意外なところにも隠されています。

日本は世界各国と比較しても平均寿命が男女ともに非常に長く、世界でもトップクラスです。さらに、健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)に関しては、世界一だといいます。

これは日本人の傾向として健康に対する意識が高いことや、「健康であることが幸福に繋がる」という価値観が普及したからだと考えても良いでしょう。

このような背景から、とくに40代以上の世代では健康志向の人たちがますます増加している傾向にあります。 

多くの日本人が健康志向になっている現状は、食の志向に顕著に現れているといいます。早くて安いものよりも、高くても身体によいものを食べたいと考えている人増えているようです。

このように「経済的志向」よりも「健康志向」が高まっている状態は、食に限らず生活環境においても見られるようです。

家の中に潜んでいる目に見えない埃や汚れ、カビ、ダニなどへの関心の高まりとして、ハウスクリーニングを利用してでも排除しようと考える人が増えています。これはアレルギーや感染症、病気のリスクなど、健康的な人体への悪影響を引き起こす原因に対処しようという、健康志向からの自然な動きではないでしょうか。

参照元:(株)日本政策金融公庫ニュースリリース 平成28年「食の志向、引き続き「健康志向」が最多」

ハウスクリーニング業界が参入しやすい理由とは

月収が高い

ハウスクリーニングは、初期投資も少ない上に頑張っただけ利益が上がるシステムです。

営業努力などによって契約が安定してくれば、月収50万円~70万円も十分可能。中には100万を超える人もいるといいますから、やりがいがある仕事です。

月々の資機材費用や人件費も少なくて済むので、利益率も高いといえます。

初期投資の金額が少ない

フランチャイズ業界にはいろいろな業種がありますが、どんな業種でも開業時に必要な初期費用が発生します。

フランチャイズ本部によってその額は異なりますが、一般的にはこれくらいの差があるといわれています。つまり、ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟は初期費用がかなり抑えられるというメリットがあります。

店舗を用意する必要がない

フランチャイズといっても、ほとんどの業種で店舗を構えて開業する必要があります。しかし、ハウスクリーニングは、自分の技術を売りとする仕事ですので、店舗は必要ありません。

必要なのは、知識と技術、そして道具。ですから、準備が整えばすぐに開業できるというわけです。

開業までの期間が比較的短い

開業したいと考えるなら、まずフランチャイズ本部の説明会に参加して研修を受ける必要があります。

短期間でノウハウを身に着けられるので、研修が終わればすぐに開業することができるので、なるべく早く収入を得たいと考えている人には最適な業種といえるでしょう。

低資金で開業できる各フランチャイズとハウスクリーニングを比較

ここからは低資金で開業できる各種フランチャイズの業種を解説するとともに、それらとハウスクリーニング業の比較もしていきたいと思います。

「コンビニ」は参入しやすいが経営には難しさも

フランチャイズの定番とも言うべきコンビニは、約300万円程度からという低資金で開業できます。ただ、コンビニの場合はフランチャイザーによる制約が多い場合もあるので注意が必要です。

それなりに自由な経営は可能であるものの、思うように考えを貫けないジレンマが生じやすい業種となっています。

またコンビニでは日々のコストも多くかかります。従業員を一定数確保し、商品を仕入れ、コストをかけた分だけ上手く回して行かなければ損失が出てしまいます。従業員を確保できても思うように育たなかったり、そもそも必要な人数が集まらなかったりした場合には自らが労働力として店に出る必要も出てくるでしょう。商品は在庫を切らせても余らせてもいけないため、管理も比較的難しく、廃棄率が高ければ損失も比例して大きくなってしまいます。

コンビニは参入しやすく需要も多い業種ですが、経営は決して楽なものではありません。

上手く軌道に乗れば先々まで成長し続ける見込みがある一方で、最初の数年間のうちに行き詰ってしまった場合には継続が容易ではなくなる恐れもあります。

コストは少ないが集客の難しい「結婚相談所」

結婚相談所の開業資金は極めて低いと言えます。販売業とは異なり事務所の規模は小さくても始められるため、おおよそ120万円から130万円程度を最低ラインとして開業することができます。

コンビニの場合は仕入れのコストがかかり、売れ残りが出てしまうリスクとは常に隣り合わせです。廃棄商品が出れば、さらに廃棄にかかるコストまで負担しなければなりません。

その点、結婚相談所なら初期のシステムさえ構築してしまえばコストはあまりかからず、このシステムも本部から貸与されることが多いです。使用料などは必要となる場合もありますが、コンビニのように日々のコストが膨大になりかねないといったリスクはありません。

ただし結婚相談所の難点は、集客が他の業種に比べて難しいことです。「結婚したい」と口では言いつつ、特に何も行動しない人は少なくありません。そのため、開業した後、初めのころは自らの人脈に頼る事業主も多いです。資格が何も必要のない業種ではあるものの、ホームページでの周知や、必要であればSNSの活用など、WEB知識が求められる可能性もあります。

結婚相談所は未経験で参入してくる人も多い業種なのですが、集客で失敗してしまえばその後の経営はうまくいきません。見込み需要は多いながらも実質的な需要へと結びつきにくい分野でもあるため、経営の手腕が試されるところでもあります。

フランチャイズ開業のメリットは大きくない「ペットシッター」

ペットシッターは飼い主に代わって飼い猫や飼い犬の世話をするだけでなく、ペットの日常の過ごし方に付き添い、犬や猫の心や体に負担を与えないようケアする仕事となります。

飼い主のお宅に訪問する場合がほとんどであるため、ペットホテルとは異なり店舗や設備を設置する必要がありません。開業資金は100万円を下回る安さで足りる場合が多く、ペットブームや一人暮らし世帯が増加する状況を背景として需要も見込めるでしょう。

しかしペットシッターの場合、「動物取扱業」の登録を受けなければなりません。「動物に関する資格を持っていること」が許可を受ける要件になりますが、資格がない場合でも実務経験があれば許可は下ります。ただし顧客との間で信頼関係を築き、選んでもらえるペットシッターになるためには資格の取得も念頭においた方が良いでしょう。

経営面においては自身で広告宣伝をしていく必要が出てくるため、フランチャイズで開業するメリットが必ずしも大きいとは限りません。

専門的な知識や技術が必要となる「自動車修理業」

自動車修理業の場合も店舗は小さくて問題ないため、初期にかかるコストを低いラインで抑えやすく、100万円以下からでも始めることが可能です。

ただし始めるには人を選ぶ業種でもあります。もちろん車好きであり、そして車に関する知識も持っていなければなりません。専門学校を卒業しているなど、自動車修理に関する技術がある人でないと始めづらい分野です。

年齢的に十分な余裕があれば一から学びつつ開業を目指すことも難しくありませんが、人生の第二段階として全てをはじめから覚え直すのは容易ではありません。そのためフランチャイズの中でも門戸が狭い業種となっています。

資金の問題をクリアにしてくれる「ハウスクリーニング」

フランチャイズにもさまざまな種類がありますが、コンビニや飲食店などの業種は特に有名な店舗も多いです。しかしコンビニや飲食店でフランチャイズを検討した場合にデメリットとなりがちなことは「資金の問題」でしょう。

コンビニはどちらかといえば低い資金で始められる業種ではありますが、無店舗でもできるハウスクリーニングに比べれば少々割高です。

飲食店については、ハウスクリーニングと比べるまでもなく初期コストが非常に高くつきます。そのため、いくら本部のブランド力を手にして知名度や顧客からの信頼を得られるとは言っても、その分だけ差し出すものも大きくなってしまうのです。

フランチャイズで信用を得られて未経験でも始めやすい!

他の業種と比較してハウスクリーニングは資金の低さについても申し分なく、フランチャイザーが大手ともなれば知名度はかなりのものです。

ハウスクリーニングの場合、「家の中に入って作業をする」という面で「信用」が欠かせない要素となってきます。そのため知名度のある本部と契約を結べば、既存の客層からの信頼を勝ち取れることになるのです。

店舗としての信頼を勝ち得ていくにはクリーニング技術を磨いていく必要はありますが、無資格・未経験で誰でも手軽に始められる業種だといえます。

使うものは掃除用具なので大幅な機材コストも少なく、商品販売とは異なり仕入れにかかる費用や在庫リスクを背負う心配もありません。さらにその需要は富裕層だけに限らず、若い世代にも年配の世代にもあります。

ハウスクリーニングのフランチャイズが人気を高めているのは、右肩上がりに増えていく需要を考えても当然ですね。

フランチャイズ開業を考えている方は、ぜひハウスクリーニングも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

フランチャイズでハウスクリーニング!仕事を請ける時の流れは?

フランチャイズで特立開業を目指すのにはハウスクリーニングがおすすめということをご紹介しました。
それでは、実際にフランチャイズでハウスクリーニングを行う際は、どのような流れで仕事を請けることになるのかをご説明します。

まずは自分に合ったフランチャイズ契約先を探そう

まずはフランチャイズの契約先を見つけましょう。

ハウスクリーニングのフランチャイズを展開している業者はたくさんありますが、独立しやすいかどうか、研修はしっかりしているかどうか、ネームバリューはあるかなどの予備知識をたくさん身につけておく必要があります。

依頼主は個人が多いのか、オフィスが多いのか、飲食店が多いのかなども確認しておくと独立後も各方面へ営業をかけやすくなりますよ。

自分が将来どのように活躍したいのかを考えて、適切なハウスクリーニング業者と契約しましょう。

業者とフランチャイズ契約すると最初に研修を受ける

ハウスクリーニング業者とフランチャイズ契約をしたら、ほとんどの業者ではまず研修をしてくれます。汚れの落とし方や掃除道具の使い方といった基礎知識はもちろん、マナーや営業方法、クレーム対応など、ハウスクリーニングで独立開業するにあたって必要な知識を教えてくれますのでよく学ぶようにしてください。

研修を終えたら契約先から依頼の連絡が来る

ハウスクリーニングの研修が終わり、掃除に関する知識を身につけたところで、ハウスクリーニング業者から依頼の連絡が来ます。近くの依頼主のお宅に訪問することが多いですが、まれに少し遠くまで出張することもあるようです。車、バイクなどの移動手段は持っておく必要があるでしょう。

依頼主のところで掃除を終えたらその日の仕事は完了です!最初はハウスクリーニング業者を一度挟むので手間に感じるかもしれませんが、慣れればスムーズにこの一連の流れを行うことができますよ。

最初にフランチャイズ契約にあった一定期間を終えたら、いよいよ独立です!ハウスクリーニングは知識だけでなく経験も必要になりますので、いきなり独立するのではなくじっくり経験を積んでから独立することで、より信頼のあるハウスクリーニング業者となることができるでしょう。

フランチャイズの方が定期的に仕事を請けられる

毎月どれくらいの仕事があるのかという点は非常に気になる問題ですが、住んでいる地域によってかなり変動があります。また、年末年始の大掃除の時期には依頼が増え、毎日大忙しとなる可能性も。3月、9月など、転職の時期も引っ越したあとの空室のクリーニングが増える傾向にあります。

個人でいきなりハウスクリーニングを始めた場合は営業などもすべて行わなければいけないため、初月の依頼件数はかなり少ないと考えていいでしょう。しかしフランチャイズ契約をしていればそのネームバリューで依頼者も増えるため、初月から安定した件数の依頼をこなすことができます。

フランチャイズなら早い段階から高収入を目指せる!

ハウスクリーニングで開業するにあたって最も気になるのが月々の収入ですよね。

ご説明した通り、ハウスクリーニングは店舗を構える必要や在庫を抱える必要がないため比較的低コストで続けられる仕事ではありますが、依頼がないことには収入を得ることは不可能です。

フランチャイズなら毎月定期的に依頼を回してくれますし、そこからお得意様になってくれる可能性も高いため、早い段階から高収入を目指すことが可能になります。

また、依頼先もアパートの空室清掃よりは在宅しているお宅へ訪問して清掃を行う方が高収入となりやすいため、仕事を選べるようになったら在宅の清掃をメインに活動してみるのもいいでしょう。

 

未経験でもフランチャイズ開業ができる4つの理由

ハウスクリーニング業は未経験でも安心してフランチャイズ開業ができます。新規オーナーの90%以上が業界未経験です。安心して開業できる、その理由について見ていきましょう。

その1. 個別の説明会で疑問点を解決

新しく何かを始めるには、まずは説明を聞いて、具体的なイメージをする必要があります。

自分の将来を決める重要な説明を大勢の人と合同で聞くのはデメリットしかありません。ハウスクリーニング業のフランチャイズ説明会では多くの場合、個別での説明会を実施しています。

個別説明会だと気になる疑問点などをすぐに聞いて解決できるメリットがあります。

合同での説明会だと、どうしても質疑応答の時間に挙手をしてという流れになってしまいがちです。しかし、個別説明会だと気兼ねなく質問することができるので、大切なことを決めるには適しているといえます。

その2. 現場の雰囲気を体験して未来の自分をイメージ

ハウスクリーニングの説明会を受けて興味が湧いたら、すぐにでも現場の雰囲気を体験するべきです。現場体験をすることによって、説明会の資料だけでは見えてこなかった問題点や自分にあっているかを肌感覚で確認することができます。

現場体験を通して「こんなはずではなかった…」というような、ミスマッチを避けることができます。どんなにお金が稼げても、自分に合わないと思う仕事は長続きしないものです。

現場の空気を感じ、未来の自分をイメージできれば、選ぶべき選択肢がおのずと見えてくるでしょう。

その3. サポート体制が万全

技術面のサポートと営業面のサポートが受けられるので、未経験でも安心して開業することができます。技術面のサポートとして掃除を行うポイントごとの研修があります。キッチンやトイレ、エアコンなどの実技研修をしっかりと行うため、安心して技術を習得できます。

営業面のサポートも業界未経験者にはありがたいサポートの1つです。具体的なサポート内容は顧客の紹介などです。開業しても顧客がいなければ売り上げの予測ができません。本部からの営業サポートは独立当初は甘んじて受けつつ、ビジネスが軌道に乗ってきたら自らの手で新規開拓を行う姿勢が大切となってきます。

その4. 必要なのは「やる気!」資格不要のハウスクリーニング業界

ハウスクリーニングに必要な資格はありません。あえて資格として挙げるとしたら「やる気!」ではないでしょうか。ハウスクリーニングにおいて大切なのは依頼してきた顧客が再度依頼してくれるリピーターになってもらうことです。 そのためには全力で部屋の隅々まで掃除を行い、顧客の信頼を勝ち取る必要があります。

未経験者歓迎!ハウスクリーニング業者3社をピックアップ

どのハウスクリーニング会社とフランチャイズ契約をするのかは十分時間を取って考えたいところ。 例えば、シェア拡大が優先の会社にとって、ほしい人材は即戦力となる経験者です。仮にそのような会社とフランチャイズ契約を結んだ場合に心配なのは十分なサポートが受けられるかどうかです。未経験者は一から育て上げてくれる会社を選びましょう。

マンツーマンの研修が心強い「ハウスコンシェルジュ」

昭和36年創業の清掃用品メーカーが運営しているフランチャイズです。各種業務用の洗剤・ワックスなどを手掛けてきた実績があります。汚れを落とすことを極めた清掃用品メーカーとしてハウスクリーニング業界を牽引しています。

自社製品を他のハウスクリーニング業者に卸しているのは周知の事実だといえます。マンツーマンでの丁寧な研修を行い、未経験者でもプロの技術を習得することができます。

>>ハウスコンシェルジュをもっと詳しく 

開業後も訪問研修でサポート「モーリーメイド」

カナダで生まれたハウスクリーニングサービスで、海外で培われた技術が好評のフランチャイズです。最新の初期資器材をラインナップしているのも強みの1つとして挙げられます。1週間の本部研修のあと、開業前にスーパーバイザーによる訪問研修、1年後の再訪問研修が用意されています。

>>モーリーメイドをもっと詳しく

勉強会が活発「ジェー・ウォッシュ」

昭和61年創業のハウスクリーニングのフランチャイズ、賃貸物件専門の特色を生かした運営が強みです。合同施工研修やブロック会議など勉強会が活発で初心者でもハウスクリーニングの仕事を覚えるとこができます。

>>ジェー・ウォッシュをもっと詳しく 

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすい!開業費用とロイヤリティの額が最も低く抑えられるFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
サポート・研修・短期開業と3拍子揃ったFC本部。本部と加盟店のパイプがしっかりしています。
短期間開業
で選ぶ
最短なのにマンツーマンの充実研修のFC本部。短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見です。

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.