ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

HOME » ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意 » 先人に学べ!ハウスクリーニングFC起業の失敗例×対策

先人に学べ!ハウスクリーニングFC起業の失敗例×対策

ハウスクリーニングFC起業の失敗とは

ハウスクリーニングのFCとして起業したものの、失敗してしまったケースの原因と対策について検証していきます。

ハウスクリーニングは、初心者でも誰でもできることをうたい文句として、多くのFC加盟店を常に募集しているのが現状です。確かに収入事例を見ても、かなりの利益を上げているように思えます。

そんなに簡単で割の良い仕事であれば失敗する人も少ないように思われがちですが、実は意外に失敗廃業する人も多いのが現状です。

折角の初期投資を取り戻せないまま廃業に至るばかりか、中には開業や運転資金という借金を残して廃業に至るケースもあるといいます。

失敗する理由とは

ハウスクリーニングのFC起業で失敗する人には、共通の特徴があるといいます。

このように、比較的楽に始められる、いざとなれば本部が助けてくれるといった理由で企業を決めた人は失敗するケースが多いようです。

また、契約先は本部が獲得、というFCも少なくありませんが、ある程度は自分でも開拓するなどの努力がなければ、どうしても依存した店舗体質になってしまうでしょう。

実際に失敗した人の声を拾ってみました。

このようにネガティブな意見も見られます。

失敗しないための方策とは

ハウスクリーニングのFC起業で失敗しないために、以下の点に気を付けましょう

これらのことを忘れずに実践するよう心がけることが大切です。

資格もあるの?!ハウスクリーニングで開業する前に習得したい掃除技

ハウスクリーニングで開業を目指すなら、事前に掃除の技やコツ、掃除道具の使い方を習得しておきましょう。ハウスクリーニングに関する資格もありますので、今後ハウスクリーニングで開業したいとお考えの方は取得しておくことをおすすめします。

洗剤の特徴を学び掃除に役立てよう

ハウスクリーニングをするにあたって洗剤の知識は必要不可欠です。その場に合った洗剤を使い分けることで、依頼箇所をより効率的にキレイに傷つけずに掃除をすることができます。

例えば、掃除の液性にはトイレ掃除などに有効な酸性洗剤、お風呂掃除に役立つ中性洗剤、キッチンなどの掃除に効果的なアルカリ性洗剤があります。

これらの洗剤の使い方を間違うとハウスクリーニング先でのクレームのもとにもなりますので注意が必要です。 また、しつこい汚れを落とす漂白剤、力を入れることで汚れを落としやすくする研磨剤もあります。

漂白剤や研磨剤は使い方によっては家を傷をつけたり、ガスなどが発生する可能性もあるので充分な注意が必要となります。

頑固な汚れだからと言って強い洗剤から使用するのではなく、表面の汚れを落として徐々に汚れを落としていくようにして、洗剤の強さを見極める必要もあります。

掃除道具の使い方を習得して効率的な掃除をしよう

掃除をする際に様々な掃除道具の使い方の知識もあると便利です。

ブラシ一つをとっても素材によって使い方が違うのでよく理解しておきましょう。

たとえば、窓のサッシなど細かい部分の汚れをかき出すには先が細く毛の短いブラシがおすすめです。また、ハケを利用して掃除する方法もあります。

広い範囲のゴミや汚れを取るなら、いきなり掃除機をかけてしまうのではなく大きなブラシで目立つ汚れを取り除いてからの方がより細やかな掃除ができ、掃除機の詰まりなどの故障の原因を防げます。

さらに、高いところの汚れやほこりを取るのに多用するはたきは叩くように使うのではなく、拭うように優しく丁寧に汚れを取り除きましょう。

また、高いところから低いところへの順番を守って掃除していくことで、下に落ちた汚れを一気に掃除できるので、余計な手間を省くことも可能です。

その他スポンジの使い分け、ぞうきんやタオルの使い分けなども習得しておくことで、より掃除がしやすく、キレイに仕上げることができますよ。

技能検定を取得して信頼を得る

ハウスクリーニングには、国家検定があります。ハウスクリーニングの自分の知識を再確認できるとともに、今後の独立開業にも大きく役立ちますので、ぜひ受けるようにしてください。

「ハウスクリーニング技能検定」は、全国ハウスクリーニング協会が実施しているもので、階級はなく単一等級です。取得後は、ハウスクリーニング技能士として活躍することができます。

ハウスクリーニング技能検定の内容は、レンジフードの洗浄方法、ダイニングチェアのクリーニング、ステンレスの汚れ落とし、フローリング床のキズ補修などの実技試験とマークシート形式の学科試験の2つを受ける必要があります。2つの試験内容で60%以上の点数を得ることで合格となります。特にレンジフードの洗浄に関しては採点配分が高くなっていますので、検定前までに完璧に掃除できるようにしておくことをおすすめします。

また、実技試験か学科試験のどちらかのみ合格、不合格になってしまった場合は、翌年度の試験で合格した方の試験を免除してもらえます。万が一不合格となってしまっても、諦めずに翌年に向けてがんばりましょう。

尚、学科試験の日時は決まっており、1年に1回しかありません。受験のための手数料も含め4万円近くかかります。

しかし、このハウスクリーニング技能士の資格がないからと言ってハウスクリーニング業を開業できないというわけではありませんので、開業し経験を積みながら試験に向けての勉強を進めていくという順番でも問題はないでしょう。

ハウスクリーニング開業でよくあるクレーム

あらかじめ、ハウスクリーニングによくあるクレームを理解しておくことで、今後の対策に役立てましょう。

指定した時間よりも短く済んだのに料金が変わらなかった

ハウスクリーニングでは「2時間○円」「作業員2名で○円」といった料金形態になっている場合が多いです。しかし、掃除する範囲が少なかったり、繁忙期で作業員の確保ができなかった場合は、この説明通りに作業を行えない可能性も充分にあります。

そんなときに通常通りの料金を請求してしまうと、クレームのもとになってしまいます。

こうしたクレームを防ぐためにも、例えば、作業時間が短くなる場合は料金をいくらか割引したり、他の箇所を掃除するなどのサービスを考えてみましょう。

また、作業員が確保できない場合は、当日に言うのではなく事前に依頼者に連絡することで相手の不信感を最小限にできるでしょう。

バスタブやエアコンなどに傷をつけられた

ハウスクリーニングで一番多いクレームが、室内を傷つけられたというものです。スポンジやたわし、洗剤の使い方を熟知していないハウスクリーニング業者に依頼すると、このように適した道具を使って掃除が出来ないので、バスタブやエアコンなどに傷をつけてしまう可能性もあります。

クレームになった場合は、最悪ハウスクリーニング業者が交換する費用を支払う必要もあるでしょう。ハウスクリーニング業者は掃除道具や洗剤の知識をしっかり身に付け、このようなトラブルを招かないように注意することが重要となります。

洗剤などのニオイがいつまでも残っている

掃除後のニオイもハウスクリーニングのクレームになりやすいです。

浴室などニオイのこもりやすい環境の掃除の場合はできるだけニオイが発生しない洗剤を使う、掃除後に依頼者側に換気をしっかりしてもらうように伝えるなどの配慮が必要となるでしょう。

そして、エアコンがカビくさいというのもよくあるクレームです。しかし、エアコンのカビは、どんなにしっかり掃除しても日頃お手入れをしていないと早くて数週間から数ヶ月で復活してしまうこともよくあります。エアコンの掃除を頼まれたら、しっかり掃除するだけでなく依頼者側にエアコンの使用後には、送風にしてエアコン内の結露をなくすなどの毎日のお手入れ方法をお伝えすることも重要です。

また、カビコートなどをオプションで追加してもらうのもおすすめですが、コーティングをしても時間が経つとカビは発生してしまいますので、その点の説明も怠らないように注意してくださいね。

思っていたよりカビなどの汚れが取れなかった

ハウスクリーニング業者に掃除を依頼する方は、家中全部が新築のようにピカピカになることを期待しているかもしれません。

しかし、ハウスクリーニングの知識があるからといって完璧にキレイにできるわけではありませんよね。

色素沈着を起こしてしまったカビなどの汚れを落とすのは不可能と考えていいでしょう。もし、そのような依頼を受けてクレームに発展しそうな場合は、汚れの説明をして落とせない旨を正直にお話しすることをおすすめします。

その分の料金はいただかない、または、これ以上カビが増えないような掃除をするといった穴埋めをすることで、クレームを防ぐことは十分に可能です。

カビ掃除以外にも、フローリングのワックス掛けを依頼した結果木材が変色してしまったというクレームもあります。事前に材質を確認し、自分の持っているワックスで変色する可能性がある場合は施術を断る必要もあるでしょう。

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすい!開業費用とロイヤリティの額が最も低く抑えられるFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
サポート・研修・短期開業と3拍子揃ったFC本部。本部と加盟店のパイプがしっかりしています。
短期間開業
で選ぶ
最短なのにマンツーマンの充実研修のFC本部。短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見です。

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.