ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

ハウスクリーニング開業のための極意 HOME » ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意 » ハウスクリーニングの営業方法とは?

ハウスクリーニングの営業方法とは?

営業方法

ハウスクリーニングの営業方法で選ばれているのは主に「飛び込み営業」と「ネットを使った営業」です。

不動産へ飛び込み営業

不動産会社への飛び込み営業は、成功すれば安定した収入が見込めます。業務内容は空室清掃と原状回復工事などがメインで、賃貸物件が空室になった際に新しい入居者が入れるような状態にするものです。そのため、空室が出れば仕事を紹介してもらえます。ただ空室はそう頻繁に出るものでもありませんので、より多くの不動産会社へ営業に行くのが良いでしょう。

もちろん空室の原状回復工事は一般的な清掃業務とは異なり、畳の張替えは必須ですし、必要であればクロスやフローリングの張替えなども行います。また古くなった洗面台やキッチンなどの交換など、次の入居者が気持ち良く暮らせるような業務も必要です。

ただこのような空室清掃は2次請負や3次請負という形が多く、単価が下がってしまいがちなので注意しましょう。

ネットを使った営業

最近では、インターネットを介して営業を行う会社が増えています。これは主に個人のお客様を獲得するための営業方法です。サイト内に受付フォームを用意しておけば、24時間体制で営業し続けてくれるでしょう。しかもサイトを見る人は、ハウスクリーニング業者に清掃業務を依頼したいと思っている人がほとんどです。そのため、この営業方法は反応率がかなり高いといえます。

1軒1軒個人の住宅を回る必要もありませんし、サイトが完成してしまえば放っておいても問題ありません。営業にかかる負担が軽減されるため、ぜひ利用してみましょう。ただウェブ検索で上位に表示されるような高品質のサイトを作るためには、WEB制作業者に依頼しなければなりません。

営業はつらい!その理由は?

営業業務はノルマがあって辛いとはよく聞く話です。営業方法ごとに難しいポイントはあるのでしょうか?気になるところをまとめました。

飛び込み営業

飛び込み営業は、アポを取らずに訪問しなければなりません。基本的に法人への営業は原則としてアポを取りますが、個人宅の場合はアポ無しで飛び込み営業するためのことがほとんどです。数ある営業方法の中でも、飛び込み営業は最も精神的負担がかかると言われています。

実際に営業をする際は、「当たって砕けろ」の精神でインターホンを鳴らしますが、いざ顧客と顔を合わせてみると上手く会話が続かないこともしばしばあります。さらに最近では、アポ無しで個人宅を訪れると、顧客に不信感を抱かせてしまいがちです。

また飛び込み営業は、営業件数に対して成果が少ないのも負担の原因となります。万が一十分な契約が取れない場合、上司から怒られるでしょう。あらゆる面において厳しい営業方法なのです。

テレアポ営業

基本的に電話を使った営業手法は歓迎されません。突然知らない相手から連絡が来るので、会社名を名乗った瞬間に切られることも当たり前です。非常にきつい言い方で断られることもあるため、1日中電話ばかりかけていると心が疲弊してしまいます。

また成功率が低いのも特徴で、一般的な成功率は1~4%ほどだと言われています。何十件も断られ続けると自己嫌悪に陥りがちになり、だんだん仕事だと割り切れなくなってくるでしょう。割り切って営業できれば良いですが、切り替えが難しい人にとっては苦痛でしかありません。

さらに1日中電話をかけ続けるという単純作業ですから、新しいことが無いのも苦痛になります。他の営業方法のように気分転換できないのも辛いところです。

個人向け営業

これまでの営業といえば、会社や企業に対する法人向け営業が主流でした。しかし近年のビジネス業界では、対個人への営業である個人向け営業が急増しています。手法は様々で、電話だけでなく訪問やポスティングなどが挙げられるでしょう。選択の幅が広いというメリットはありますが、その反面で気まぐれな個人を相手にするというストレスが発生します。

個人向け営業はどうしても突然の訪問や告知になるため、迷惑だと感じる人がほとんどです。忙しい時間に営業を行えば、クレーム紛いの乱暴な言葉を投げかけられることもあるでしょう。個人向け営業をする際は、一般的に家事などが落ち着く時間帯に行うのが鉄則です。そのため限られた時間で行動しなければならず、自ずと成功率が下がってしまいます。

集客保証のあるフランチャイズもあり

ハウスクリーニングを開業しても、営業による集客が成功しなければ仕事量は増えません。ただ先ほどもお伝えした通り、どの営業方法も心身共に苦痛を伴います。しかも営業をしながらハウスクリーニング業務も行わなければならないです。

1人での営業や集客は非常に骨が折れる作業ですが、フランチャイズの中には集客保証制度を用意しているケースもあります。開業したばかりの店舗に対して、売上目標を満たす数の仕事を紹介してもらうことも可能です。また開業から数か月間は、本部スタッフやSVが現場に同行して営業指導をしてくれるところもあるでしょう。FC加盟をすると毎月のロイヤリティが発生しますが、手厚いサポートにより顧客数も安定しますので、十分な収入も見込めます。

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすいFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
しっかりとサポートを受けられるFC本部をチェック!
短期間開業
で選ぶ
短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見!

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.