ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

ハウスクリーニング開業のための極意 HOME » ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意 » ハウスクリーニング開業に資格は必要?

ハウスクリーニング開業に資格は必要?

ハウスクリーニング開業時に資格は必要ない

結果からお伝えすると、ハウスクリーニングを独立開業するために必要となる資格はありません。誰でも独立開業は可能ですが、高い技術を有していても信頼と収入を得るのは難しいです。そこで重要になってくるのが資格でしょう。

ハウスクリーニング開業をするには、大きく分けて2つの方法があります。

フランチャイズはロイヤリティが発生しますが、研修・サポートが充実しており、資格がなくても開業可能です。一方、個人で開業する場合、ロイヤリティの発生はありませんが信頼・収入を得るのが簡単ではありません。

どちらの開業方法でも、ハウスクリーニングに有効な資格を持っていれば信頼・収入を得やすいため、不安なく開業できるでしょう。

ハウスクリーニング開業時にあると良い資格

ハウスクリーニング技能士

ハウスクリーニング技能士とは、公益社団法人ハウスクリーニング協会が実施している国家資格の一種です。平成24年に厚生労働省から承認された、比較的新しい国家資格ですが、年々ハウスクリーニングの需要が高まっていることから注目されています。

試験には学科と技能があり、どちらも60%以上の得点を獲得すると資格の取得が可能です。1級2級という等級は無いので、1度資格を取ってしまえば「ハウスクリーニング技能士」として働けます。

受験資格として3年以上の実務経験が必要となり、働きながら資格試験に挑めるでしょう。ハウスクリーニングの仕事が向いているかを確かめる時間も確保できますし、働き方次第でより多くの知識を得て受験できます。

整理・収納・清掃コーディネーター

整理・収納・清掃コーディネーターは、NPO法人日本ハウスクリーニング協会の認定資格です。部屋の正しい片付け方や不必要なものの見分け方、上手な収納方法といった整理収納に対する知識を習得した証となります。

また、清掃用具の適切な選択方法や使用方法、洗剤の基礎などの清掃面の知識を習得した証拠にもなるでしょう。

この資格には1級~3級までの等級があり、さらにこれを指導するハウスクリーニングコーディネーター指導員の資格も存在します。

認定条件は認定校でカリキュラムを修了及び試験合格基準に到達することです。安心と資格のライセンスで、ハウスクリーニング開業でも役立つでしょう。また、お客様に収納や清掃に関する質問をされても、スムーズに対応できるようになり評判も高くなります。

消臭クリーンアドバイザー

消臭クリーンアドバイザーも整理・収納・清掃コーディネーター同様、NPO法人日本ハウスクリーニング協会の認定資格です。消臭に関する十分な知識を学んだ証となるでしょう。

資格の取得条件として、「ハウスクリーニング士2級」というNPO法人日本ハウスクリーニング協会からの認定資格が必要です。そのため、まずはそちらの資格を取りましょう。

消臭クリーンアドバイザーの資格を持っていれば、「ペットのにおい」に特化したハウスクリーニング開業も可能です。その他にも水周りや玄関、冷蔵庫内などのにおいの対処法も学べます。公式ホームページの資格欄に記載しておくと信頼性も高まりますし、専門性が高いため多くの収入を得られる可能性も期待できるでしょう。

資格をとるメリット

お客さんから信頼を得られる

ハウスクリーニングは、資格を持っていない人でも比較的簡単に開業できます。ただ、誰でも開業できるということは、競合店もそれなりに多いでしょう。そのため、ハウスクリーニング技能士をはじめ、収納や清掃に役立つ資格を持っていれば競合店と一線を画すことが可能となります。

また、やはり利用者はきちんとした資格を持った人に仕事を頼みたいと思うものです。そして資格等級は高い方が信頼性は高いでしょう。2級建築士よりも1級建築士に依頼した方が、確実な仕上がりになるとは思いませんか?ハウスクリーニングもそれと同じです。

技術を学べる

ハウスクリーニングは、いかにスピーディーで丁寧な作業ができるかが重要になります。また、浴室やキッチン、部屋全体など、清掃箇所によってある程度の作業時間が決まっており、お客様もそれに合わせて予定を入れているかもしれません。

ハウスクリーニング技能士の技能試験では作業時間が設定されており、勉強することによりどのような工程で作業を進めれば良いかを身に着けられます。収納や清掃などの技術を身に付ければ時短にもなりますし、お客様満足にも繋がるでしょう。

企業をサポートしてもらえる

日本家事代行協会では「家事代行オーナー研修」といった、女性を対象にした起業支援講座が存在します。ハウスクリーニングはテレビや雑誌などのマスメディアでよく取り上げられるようになり、ますます注目されるようになりました。

そのため、社会進出に対して消極的な主婦やシングルマザーでも安心して開業できるよう、売上換算法や集客法、従業員の育成の助成金活用法などについても教えてもらえます。

ハウスクリーニング事業をスムーズに運営できるようになりますので、やはり資格を持っていて損はありません。

資格をとるデメリット

お金がかかる

ハウスクリーニングクリーニングの資格として代表的な「ハウスクリーニング技能士」の資格は、お客様の信頼を得るのに非常に役立ちますが、試験料は4万円くらいかかるでしょう。その他の資格を取ったり講座に通うとなると、10万円を超過します。

清掃を依頼されることが多いキッチンや床の清掃は専門的な知識が必要になりますし、資格を持っていることで実務能力の照明にもなるため、取得していて損はありません。

気軽に開業したいと思っている人にとっては、デメリットになるでしょう。

かならず仕事が増えるとは限らない

せっかくハウスクリーニングの資格を取っても、仕事の数が増えないというケースも少なくありません。

最近では多くのハウスクリーニング店も力を入れており、大手業者にハウスクリーニングを依頼する人も増えています。やはり大手ブランドという信頼もありますし、資格保有者が多いというのも魅力なのでしょう。

一方、個人で独立開業している人は、営業や宣伝も自身で行わなければなりません。いくら素晴らしい資格を持っていたとしても、売り方が上手くなければ仕事も増えないでしょう。

フランチャイズであれば資格がなくても仕事が来る

全国的にも有名なフランチャイズに加盟すれば、資格がなくても安定してハウスクリーニングの仕事ができます。もちろん未経験でも1からハウスクリーニングの技術や知識を学べますし、開業サポートも受けられるでしょう。

フランチャイズの看板も看板を掲げられるのもメリットです。先にも述べた通り、有名なフランチャイズならお客様からの信頼を得やすく、仕事が取りやすくなります。開業するにあたり多くの資金がかかりますが、加盟して損はありません。

また、ハウスクリーニングに関する資格の取得には、実務経験が必要になるものが多いです。あらかじめフランチャイズに加盟しておけば、仕事をしながら試験の取得ができるでしょう。

このように、わざわざ資格を取らなくても最初から仕事がもらえることや、仕事と並行して資格試験に臨めるなどのメリットがあります。

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすいFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
しっかりとサポートを受けられるFC本部をチェック!
短期間開業
で選ぶ
短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見!

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.