ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び
ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び

ハウスクリーニング開業成功のカギFC本部を検証

→ サイトマップ

ハウスクリーニング開業のための極意 HOME » ビギナーズ必見!ハウスクリーニング開業の極意 » ハウスクリーニング開業に資格は必要?

ハウスクリーニング開業に資格は必要?

ハウスクリーニング開業時に資格は必要ない

結果からお伝えすると、ハウスクリーニングを独立開業するために必要となる資格はありません。誰でも独立開業は可能ですが、高い技術を有していても信頼と収入を得るのは難しいです。そこで重要になってくるのが資格でしょう。

ハウスクリーニング開業をするには、大きく分けて2つの方法があります。

フランチャイズはロイヤリティが発生しますが、研修・サポートが充実しており、資格がなくても開業可能です。一方、個人で開業する場合、ロイヤリティの発生はありませんが信頼・収入を得るのが簡単ではありません。

どちらの開業方法でも、ハウスクリーニングに有効な資格を持っていれば信頼・収入を得やすいため、不安なく開業できるでしょう。

ハウスクリーニング開業時にあると良い資格

ハウスクリーニング技能士

ハウスクリーニング技能士とは、公益社団法人ハウスクリーニング協会が実施している国家資格の一種です。平成24年に厚生労働省から承認された、比較的新しい国家資格ですが、年々ハウスクリーニングの需要が高まっていることから注目されています。

試験には学科と技能があり、どちらも60%以上の得点を獲得すると資格の取得が可能です。1級2級という等級は無いので、1度資格を取ってしまえば「ハウスクリーニング技能士」として働けます。

受験資格として3年以上の実務経験が必要となり、働きながら資格試験に挑めるでしょう。ハウスクリーニングの仕事が向いているかを確かめる時間も確保できますし、働き方次第でより多くの知識を得て受験できます。

整理・収納・清掃コーディネーター

整理・収納・清掃コーディネーターは、NPO法人日本ハウスクリーニング協会の認定資格です。部屋の正しい片付け方や不必要なものの見分け方、上手な収納方法といった整理収納に対する知識を習得した証となります。

また、清掃用具の適切な選択方法や使用方法、洗剤の基礎などの清掃面の知識を習得した証拠にもなるでしょう。

この資格には1級~3級までの等級があり、さらにこれを指導するハウスクリーニングコーディネーター指導員の資格も存在します。

認定条件は認定校でカリキュラムを修了及び試験合格基準に到達することです。安心と資格のライセンスで、ハウスクリーニング開業でも役立つでしょう。また、お客様に収納や清掃に関する質問をされても、スムーズに対応できるようになり評判も高くなります。

消臭クリーンアドバイザー

消臭クリーンアドバイザーも整理・収納・清掃コーディネーター同様、NPO法人日本ハウスクリーニング協会の認定資格です。消臭に関する十分な知識を学んだ証となるでしょう。

資格の取得条件として、「ハウスクリーニング士2級」というNPO法人日本ハウスクリーニング協会からの認定資格が必要です。そのため、まずはそちらの資格を取りましょう。

消臭クリーンアドバイザーの資格を持っていれば、「ペットのにおい」に特化したハウスクリーニング開業も可能です。その他にも水周りや玄関、冷蔵庫内などのにおいの対処法も学べます。公式ホームページの資格欄に記載しておくと信頼性も高まりますし、専門性が高いため多くの収入を得られる可能性も期待できるでしょう。

ビルクリーニング技能士

ビルクリーニング技能士は数あるクリーニングに関する資格の中でも古くからある資格の1つで、昭和57年に国家資格として認められており、全国ビルメンテナンス協会の主催する検定に合格すれば厚生労働大臣より技能士の認定を受けることになります。

これだけではピンとこないと思うので、詳細を説明すると、ビルクリーニング技検定に合格すると、ビル清掃の専門家として国から認められることになります。ビルクリーニングというのはオフィスビルだけでなく、病院やショッピングセンターなどの大型施設も対象となっており、場所や使われている建材、そして汚れの種類をそれぞれ特定し、それらに対して適切な清掃方法と清掃道具を選択できるというのが資格の合格条件になります。

また、これに加えて廃棄物の回収も内容に含まれています。この資格は、清掃作業監督者になるための1つとして数えられています。

清掃作業監督者

清掃作業監督者というのは、国家資格の1つで清掃作業監督者講習会というものを修了すると認定を受けることができます。

法律施行規則第25条第2号という建築物における衛生的環境を確保するための規定を講習会で学び、知識や技能を習得するのですが、この講習会を受けるためにはビルクリーニング技能士の資格を持っているか、建築物における衛生的環境の確保に関する法律第7条第1項に規定の建築物環境衛生管理技術者免除の交付を受けている必要があります。

これらの資格がある方が講習会を受けるのですが、調べたところによると合格率はほぼ100%となっており、難易度は高くないようです。内容は名前の通り、清掃作業をグループで行う際に監督をいかに行うか、場所や使われている建材、汚れに対して適切な清掃方法や清掃道具で清掃を完了できるかというところが問われます。資格自体の有効期限はないので、一度登録すると再度取得する必要はありません。

建築物環境衛生管理技術者

建築物環境衛生管理技術者は、厚生労働省が認定する国家資格で、財団法人ビル管理教育センターが試験を実施しています。厚生労働省の定める実務経験が2年以上あれば、受験資格があります。

日本の法律では、面積が3,000平方メートル以上の病院やオフィスビルなどの建築物では建築物環境衛生管理技術者を選任する必要があります。(学校の場合は、8,000平方メートル)よって、この資格を持っていれば、商業ビルやオフィスビルなどの建築物を管理する際に責任者となるため、仕事が増える可能性があります。

この資格は「ビル管理技術者」とも呼ばれることが多く、「ビル管」といった略称の方が認知度は高いでしょう。仕事内容は、建築物を利用者が気持ち良く使える状態にすることです。例えば、ビルの空調設備、貯水槽や排水槽といった一般の利用者の目につかない場所にあるものの、ビルの衛生を保つのに一役買っている施設をキレイに保つのも仕事です。その他には、ボイラー設備や電気設備といった施設の管理・監督も仕事内容に入りますし、飲食店などでしばしば問題になるネズミやゴキブリといった害虫・害獣の駆除も仕事となります。

ハウスクリーニングアドバイザー

ハウスクリーニングアドバイザーは、ハウスクリーニングのプロとしての知識や技能を取得し、ハウスクリーニングに関して他者に道具の使い方や効率的な掃除方法などの的確な判断やアドバイスを行うエキスパートです。在宅受験が可能な資格で、インターネットから申し込みも可能となっています。

資格取得後はハウスクリーニングアドバイザーとして名乗ることができ、一般的な家庭の清掃を行う、もしくはアドバイスすることができるようになります。清掃は単にキレイにするだけではなく、清掃で達成可能な清潔度を引き上げ、次回以降の清掃がしやすくするといったことも行う必要があり、効率性も重視されます。

また、人との関りや連携が非常に大事になってくるのがハウスクリーニングアドバイザーです。お客様や仲間と一緒に清掃を行うため、自分からコミュニケーションを取っていくことが重要になってきます。

資格をとるメリット

お客さんから信頼を得られる

ハウスクリーニングは、資格を持っていない人でも比較的簡単に開業できます。ただ、誰でも開業できるということは、競合店もそれなりに多いでしょう。そのため、ハウスクリーニング技能士をはじめ、収納や清掃に役立つ資格を持っていれば競合店と一線を画すことが可能となります。

また、やはり利用者はきちんとした資格を持った人に仕事を頼みたいと思うものです。そして資格等級は高い方が信頼性は高いでしょう。2級建築士よりも1級建築士に依頼した方が、確実な仕上がりになるとは思いませんか?ハウスクリーニングもそれと同じです。

技術を学べる

ハウスクリーニングは、いかにスピーディーで丁寧な作業ができるかが重要になります。また、浴室やキッチン、部屋全体など、清掃箇所によってある程度の作業時間が決まっており、お客様もそれに合わせて予定を入れているかもしれません。

ハウスクリーニング技能士の技能試験では作業時間が設定されており、勉強することによりどのような工程で作業を進めれば良いかを身に着けられます。収納や清掃などの技術を身に付ければ時短にもなりますし、お客様満足にも繋がるでしょう。

企業をサポートしてもらえる

日本家事代行協会では「家事代行オーナー研修」といった、女性を対象にした起業支援講座が存在します。ハウスクリーニングはテレビや雑誌などのマスメディアでよく取り上げられるようになり、ますます注目されるようになりました。

そのため、社会進出に対して消極的な主婦やシングルマザーでも安心して開業できるよう、売上換算法や集客法、従業員の育成の助成金活用法などについても教えてもらえます。

ハウスクリーニング事業をスムーズに運営できるようになりますので、やはり資格を持っていて損はありません。

資格をとるデメリット

お金がかかる

ハウスクリーニングクリーニングの資格として代表的な「ハウスクリーニング技能士」の資格は、お客様の信頼を得るのに非常に役立ちますが、試験料は4万円くらいかかるでしょう。その他の資格を取ったり講座に通うとなると、10万円を超過します。

清掃を依頼されることが多いキッチンや床の清掃は専門的な知識が必要になりますし、資格を持っていることで実務能力の照明にもなるため、取得していて損はありません。

気軽に開業したいと思っている人にとっては、デメリットになるでしょう。

かならず仕事が増えるとは限らない

せっかくハウスクリーニングの資格を取っても、仕事の数が増えないというケースも少なくありません。

最近では多くのハウスクリーニング店も力を入れており、大手業者にハウスクリーニングを依頼する人も増えています。やはり大手ブランドという信頼もありますし、資格保有者が多いというのも魅力なのでしょう。

一方、個人で独立開業している人は、営業や宣伝も自身で行わなければなりません。いくら素晴らしい資格を持っていたとしても、売り方が上手くなければ仕事も増えないでしょう。

フランチャイズであれば資格がなくても仕事が来る

全国的にも有名なフランチャイズに加盟すれば、資格がなくても安定してハウスクリーニングの仕事ができます。もちろん未経験でも1からハウスクリーニングの技術や知識を学べますし、開業サポートも受けられるでしょう。

フランチャイズの看板も看板を掲げられるのもメリットです。先にも述べた通り、有名なフランチャイズならお客様からの信頼を得やすく、仕事が取りやすくなります。開業するにあたり多くの資金がかかりますが、加盟して損はありません。

また、ハウスクリーニングに関する資格の取得には、実務経験が必要になるものが多いです。あらかじめフランチャイズに加盟しておけば、仕事をしながら試験の取得ができるでしょう。

このように、わざわざ資格を取らなくても最初から仕事がもらえることや、仕事と並行して資格試験に臨めるなどのメリットがあります。

サポートが手厚いフランチャイズ

ハウスコンシェルジュ

ハウスコンシェルジェの特徴は、同社スタッフからの手厚い指導が受けられる点でしょう。ハウスクリーニング会社は多くありますが、新規のところも多く、新しくフランチャイズに入った方を指導できるほどの経験があるところはなかなかありません。ハウスコンシェルジェでは、20年以上の現場経験を積んだスタッフが現場に一緒に行ってくれるため、初めてフランチャイズを始める方にとっては非常に心強いでしょう。

また、洗剤やワックス等を自社で手掛けており、必要に応じて使用することができます。また、独立して一番問題となる集客については、ハウスコンシェルジェの本部から仕事を紹介してもらうことができます。フランチャイズのオーナーは経営や清掃技術に関しても手厚いサポートを受けることができます。

モーリーメイド

モーリーメイドの特徴は、フランチャイズオーナーの経営方針を尊重しており、オリジナルのチラシやWebサイトの作成などを支援しています。他のハウスクリーニングフランチャイズではチラシの作り方までサポートしてくれるところはなかなかありません。

また、フランチャイズとしての利点である、開業前そして開業1年後に清掃に関する指導も受けることができます。新規のお客さんについても、本部から紹介してもらうことができ、新しくフランチャイズを始めようとしている人も安心です。同じフランチャイズを行う経営者同士の交流会は本部主導で開催されることはありません。

おそうじ本舗

おそうじ本舗の特徴は経営に関する研修およびカリキュラムが整っていることです。研修については、清掃に関する基礎知識や基礎技術といった実務に関することだけでなく、お客様との接し方やマナーといった一般的なものも含まれます。当然、会社を経営していく上で必要となる運営方法や資金の管理などについても指導を受けることができます。

おそうじ本舗は、店舗数が多いこと、そしてその店舗が全国に広がっているのが1つの魅力で、同じようなフランチャイズを統括している本部は地域や状況に合わせたフランチャイズの経営指導を行ってくれます。

おそうじ革命

おそうじ革命の特徴は、フランチャイズの店舗に対しても常に掃除のクオリティを高く保つための対策を講じているところでしょう。というのも、おそうじ革命では、開業後も1か月に1回の頻度で勉強会や研修を行っており、ハウスクリーニング界のトレンドやお客様のニーズの変化の共有といったものから、清掃に関する技術の習得などを目標としています。新規のお客様の紹介も有料で行っており手厚いサポート体制です。

資材や清掃機材の支給は本部から行っておらず、本部から不当に高い値段で資機材を買わされるといったフランチャイズでよくある問題も起こりません。

ダイオーズカバーオール

ダイオーズカバーオールの特徴は、研修のレベルが高いことです。多くの場合、ハウスクリーニングの研修は一律で、レベルに応じてコースが分かれているということはありません。ダイオーズカバーオールの研修は、ハウスクリーニングのプロを目指して、研修が段階的に定められており、初めてハウスクリーニングを志す人も安心して受講することができます。例えフランチャイズであっても、提供するハウスクリーニングのクオリティを保つために着実に技術を身に着けられるようになっているのです。

また、売上金額の保証を行っている点も1つの魅力です。月によって売上額が安定しないのではとった不安を抱えている方にとっては、嬉しい制度と言えるでしょう。

こだわりごとに厳選
ハウスクリーニングの
フランチャイズ本部

3

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部を選ぶ際の決め手となる3つのポイントから、こだわりごとに厳選!おすすめの本部をご紹介します。

費用
重視で選ぶ
低資金で始めやすいFC本部をまとめました。
サポート
重視で選ぶ
しっかりとサポートを受けられるFC本部をチェック!
短期間開業
で選ぶ
短い期間でしっかりと開業準備を行いたい方は必見!

ハウスクリーニングでおすすめの
フランチャイザーリスト

→ 詳しく見る

ビギナーズ必見!
ハウスクリーニング開業の極意

ハウスクリーニングの
フランチャイズキホンのキ

Copyright (C)ハウスクリーニング開業の極意を徹底研究!ハズレ知らずの本部選び All Rights Reserved.